キューポラのある町

長州鋳物記念館では、溶解温度が230度と低く、安全に出来る「錫」の鋳造体験していただいています。
動画は、鋳鉄製の「たぬぽん」などを鋳造する時に利用する溶解炉「キューポラ」です。

一旦工場閉鎖により全てを失いましたが、この防府の地で受け継いできたキューポラの炎を絶やしたくないと思い、工場を再建しました。

キューポラは、徳地にあります。

普段は、こうして鋳造業をしています。
昔から地域の発展に、鋳造や製鉄は欠かすこ
とができなかった技術です。
いつの日か、また、防府の地に工場を移動させたいなという想いを抱いて、長州鋳物記念館を運営しています。