「鋳田籠(ちゅうたろう)」

当社は鋳物屋ですが、生活用品で利用する鋳物ではなく、土木製品を主に取り扱っています。

「鋳田籠(ちゅうたろう)」というふざけた名前なんですが(笑)、とても優れものです。

最近は、豪雨などによる河川の災害復旧で主に採用されています。

「ダクタイル鋳鉄」という素材で、マンホールの蓋に使われていて、強度・耐久性・海水や潮風にも非常に長寿命な素材です。

鋳鉄は世界中で鍋などのキッチン用品から、マンホールや水道管などの土木分野で注目されている素材です。
鋳田籠工法は「鋳物」+「自然石」を利用し、河川工事をするため、自然環境を守りながら環境再生にも役立ちます。
普段生活する中では、あまり馴染みがない土木製品だと思いますが、見えないところで、皆様の安心安全な生活を守っています。

長州鋳物記念館は、この鋳田籠をはじめ、鋳物や鋳鉄という素材をもっと生活の中に馴染みある素材として多くの方に知っていただく機会となる場所にしていきます。

長州鋳物記念館の準備は、多くの方のご協力をいただきながら、着々と進んでいます。

──────────────────
アボンコーポレーション株式会社
松村 憲吾
〒747-0012 山口県防府市牟礼今宿1-18-14
tel: 0835-28-3702
■アボンコーポレーション株式会社
URL: https://abongcorp.jp
email: info@abongcorp.jp
■(一社)鋳田籠工法協会
・ダクタイル鋳鉄かご工法 鋳田籠(ちゅうたろう)
URL: https://chutaro.info/
email: info@chutaro.info
・鋳鉄が海を衛る 鋳海衛(ちゅうべえ)
URL: http://www.chube.info/
──────────────────